2007年02月26日

サッカーはどこにもある

070225_121319_M.jpgFC町田ゼルビアの練習試合を見てきました。
ゼルビアは、去年の関東2部リーグで優勝し、今年は1部に挑戦するチームで、1部で優勝し、全国社会人大会で優勝すれば、JFLに参加できます。
さらにJFLで4位以内になり、かつ各審査に合格すれば、晴れてJリーグに加盟出来るのです。

道程長っ!

今日の対戦相手は厚木基地マーカス。
去年1部から2部に降格となったチームです。

ゼルビアには、元ベルマーレの酒井良(サカつくで世話になったw)やミスター町田と呼ばれる竹中穣(兼任コーチ)といった元Jリーガーが何人かいます。

最近プロリーグ、というかマリノスばっかり見ていたので、写真の様な土のグラウンドでサッカーをしている姿というのは、ちょっと胸を打たれるものがありました。

試合は30分×3本。
ゼルビアは細かいパスを繋いでボールを前に運ぶサッカー。また、前線に190cmの長身FWを要しているので、そこに当てての展開も狙っていく。
ただし、土のグラウンドコンディションや不正確なコントロール、そしてマーカスの強いチェック(マーカスは全員自衛隊員)に押されて、なかなかゴール前にボールが進まない。
1本目はスコアレス。2本目はゴール前の混戦からゴールを割られて0-1。
3本目にメンバーが入れ替わり若手(?)主体になってから、試合の形成が一変。
前線に早い選手を置き、裏を狙う展開にすると、マーカスの守備陣は完全に崩壊。
裏への突破とパスカットから立て続けに2点を奪取。
この後も更にサイドからの突破で1点、コーナーからループ気味のヘッドで
加点。

んで、なんだかんだで3本目は5-1。終了直前にgdgdな展開から失点したのが反省点でしょう。

2本目が終わった後、酒井選手は観に来ていた子供たちとサッカーに興じていました。
恐らくゼルビアの選手が教えているAC町田サッカースクールの子供たちでしょう。

ところどころでサポーターだか関係者だかな人と選手が談笑していたり、3本目の途中で帰っちゃう選手がいたりw
それでも、この土のグラウンドには遥かなるJの舞台を夢見て、生活の保証も無いまま闘う選手がたくさんいて、なんだかいい気持ちになってきました。

再来週には新横浜を離れて町田に帰る私にとっては、マリノスが近くに居ないときの選択肢としては非常にアリなチームだと思いました。

そして、えふしー(笑)なんて、ゼルビアの現状からしたら本当に恵まれていると思うんですけど、それでも偽善者ヅラで弱者のフリを続けるんですか?
…あ、悪い俺が出てるww
posted by キチソン at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | キチスペ長文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

PSM 清水vs横浜F・M@沼津

マリサポ専用SNSにUPしたレポを、こちらにもあげておきます。
死ぬほど寒くて、トイレ近くてイヤんなっちゃう。


ブーン⊂二二二(^ω^)二二二つ


試合終わった瞬間に出てきたので、6時過ぎには新横浜でございます。
帰りの道中10台くらい前にサテ組バスが走っていました。ブラボー。

TOPの試合ですが、なんだかなぁ、という感じ。
確かに1点目は巧みな連携でサカティが決めたけど、組織で云々という空気ではなかったです。
あの得点や乾の決定的なスルーとか、結局個人技で何とかしてくれぇ! という事でしかないのかな、と。

んで、それをもっと感じたのは守備。
ムダにかぶる選手たち。マークを外して決定的な場面を与えるetc。
守備練習を全然して無い、という噂も漏れ伝わってきますが、今のままでは得点が増えずに失点だけ増えそうで不安です。

というか、去年の一番の課題である所の「終了直前(含む前半)の失点癖」がまた出た事が、本当に許せません。
勝利のために一番必要なことをもう一度思い出しましょう。
押さえがしっかりしていないなんて、ここ数年の巨人みたいだわ。

んで、攻撃的とは言ってもサイドの上がりが微妙で、なおかつ後ろの枚数が少ないため(どっちが先かは別にして)、ちょっと攻め込まれるとWボランチが守備に専念する事にもなり、正直中盤省略4人におまかせ放り込みサッカーになる可能性もあり、全体が押し上げて波状的に攻めていくような迫力は見られませんでした。

今日の結論としては、やっぱり早野でいいの? ってことでお願いします。


あと、PKの時電光掲示板に「横浜F」って出てたのは、ヘドが出るほどイヤでした。空気嫁。
posted by キチソン at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | キチスペ長文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

おいたんと万華鏡

先日実家に行った時、桃子(姪6歳)と翔悟(甥もうすぐ3歳)と
遊んでいました。
バキッと散らかったおままごとセットの中に、万華鏡を
見つけました。なつかしいなぁ、と覗くと、キラキラと
光が広がります。

キチソン(以下「キ」)「翔ちゃん、見てごらんキレイだよ」
翔悟(以下「翔」)「ホントだね〜」

ちょっと遊んでみようと思い、
キ「万華鏡とおいちゃん(俺のこと)どっちがキレイ?」
翔「…万華鏡」子供は正直です(つうか当り前)。
キ「じゃあ万華鏡とおねえちゃんどっちがキレイ?」
翔「…」
キ「こういう時は『桃ちゃんキレイ!』って言うんだよ。
  桃、教育しといたからね!」
桃子「…(笑)」

すると、桃子が外国製? の万華鏡を持ってきてくれました。
婆ちゃん(俺の母)のお土産みたいで、これまたキレイ。

キ「翔悟見てごらん、これもキレイだよぉ!」
翔「…おいたんキレイ。」

子供って奇想天外な発言で笑わせてくれて、最高ですな。
という訳で、翔悟の美的感覚を破壊しておきましたww
posted by キチソン at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | キチスペ長文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。