2006年11月05日

天皇杯4回戦観戦記

ハルンケアエントリー(笑)に追記しようと思ったんだけど、長くなってもったいなかったから新しいエントリーにしちゃいました。

ハルン(もういい)の最後に書いたとおり、マリノスにとっては天皇杯初戦となる4回戦愛媛FC戦を、原付でえっちらおっちら観てきました。

試合は延長の末1−0で勝ちました
DVC00001.JPG

が、あんまりにもヒドイ内容、というのがネット上の定説みたい。
確かに、どのパスも足元ばっかりで、走りこむ事もなければ周りのフォローもない、人一倍疲れで動きが止まる。で、苦し紛れのバックパス。
試合終了後はもちろん、試合中にもブーイングが炸裂するのは当然でしょう。

私も当然…ブーイングはしませんでした。あ、前半終了時点とバックパスにはしたけど。
後半が終わった時点では、ここからもう一回勝負が始まるイメージだったので声援。
延長前半終了時は、その直前にゴールが決まったので大騒ぎ。
試合終了後は、ピンチをことごとく潰してくれた河合竜二様と、J初出場なのに120分必死で守り、延長後半が最も輝いていたように見えた田中祐介君に労いをしたかったのでブーイング封印。
今日は、この二人だけでOKです。

但し、どうしても許せないのは山瀬幸宏。俺こいつのドリブル大好きだったんだけど、来季の契約してもらえるか否かの「最終テスト」に対して、あまりにもやる気が感じられない。
兄ちゃんが10番背負ってるからってチームにいられる保証なんて無いんだよ!
それを理解していないかのようなプレーが、悲しくて仕方ありませんでした。
残念ですが、来期はJFLあたりの主軸を担っていただきましょう。好きな選手なだけに、非常に残念なのでした。

あと、テメェ一番若いくせに汗かかねぇでチンタラやってんじゃねぇ! 関東リーグのFC町田ゼルビアあたりに送りつけるぞコンニャロー! 積極性の見えない狩野健太にもガッカリでした。
来期は山本ユース昇格小宮山など(もしかしたら伊藤翔も?)、いい新人がたっぷり入ってくることは忘れないでね。
posted by キチソン at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | キチスペ長文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。