2007年03月11日

歯を食いしばって見返しました(3/10 vs偽)

スタンドで声を嗄らした一戦(水曜日オーディションなのに…)
録っておいた昨日の試合を、歯を食いしばって再度見てみました。

敗因は、やっぱりフィニッシュの勢いと精度。
キレイじゃなくても泥臭くシュートを撃つことが大事だなぁ、と。
ゴール前でシュートコースが開くなんて、あんなドン引きクソサッカーチーム相手にはありえないわけで。

失点のシーンは、こういう流れなことが分かりました。
・山口からのロングフィード
・ゴールを決めた早川の足元でうずくまる中澤と、ファールをアピールする那須と裕介の頭上をボールが通過
・小村がボールに行くそぶりで、その実河合に身体をぶつけるように競って河合をふっ飛ばし
・ルーズボールに哲也と早川が向かったが、距離が近い早川が先にボールに到達
・アピールゆえ反応が遅れた那須が見守る中、ボールはゴールに吸い込まれた

早川のプレイがバッチリ映っていた訳ではないのであくまで想像ですが、試合中や試合後(整列の後)、スパサカのインタビューを見る限り、佑二はあの場面で早川に相当悪質なファールを食らったと思われます(あれ以降背中をずっと押さえていた)。
また、小村のプレイについては「上手くやった」という見方も出来ますが、あれ以降マリノスのハイボールの競り合いに笛を吹きまくっていた事を考えれば、ファールであってしかるべきかと思います。

つまり、あのシーンはファールで止められるべきプレイが2つあったにも拘らず、それが流されての失点だったわけです。
那須がウォッチャーになってた事は猛省を促したいけど、足を止めたくなるほどヒドイファールがあったと考えちゃうのは、サポ愛という事で。

佑二にしても那須にしても、久保や奥に仕事をさせなかっただけに、あのチームではああいう悪質な事をしないと点を取れないのでしょう。

私が好きなのは、足というコントロールが難しい部位を使ってボールをコントロールし、テクニックや発想を使って敵を凌駕し、そして懸命なプレイで見るものに感動を与える「フットボール」というスポーツであり、殴ったり身体をぶつける事が主体のスポーツではありません。

我々は、そこまでしてでも勝ちたかったチームほど、この試合に賭けるものが無かったんだと言わざるを得ません。
(試合前のコメントが淡白だな、と思ってました)

でも昨日のスタジアムの雰囲気や、敗戦に怒るサポーター、相手のクソ度を踏まえ、選手たちは気持ちが変わったでしょうし、そう信じたいと思います。
次の「最後の偽との試合」は、他のどの試合とも全く違う気概を持って臨んでくれるだろうし、「フットボール」で勝利して欲しいと思いました。


負け犬の遠吠え上等! 勝てば官軍なんてクソ喰らえだ!

そして岡田の給料がサッカー協会から支払われている、ということは、協会に上納金を納めているクラブがお客さんであり、つまりは我々サポーターもお客さんであるワケで、客の立場で言うならば、軽微なファールは流してプレイを止めない事と、悪質・危険なファールを見逃す事は大違いであり、そこがひっちゃかめっちゃかな貴様はもう二度と横浜の前に姿を出すな。
死ななくていいから、上川の前に引退して欲しかった。
posted by キチソン at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | キチスペ長文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。