2007年06月13日

「止まれ」と呼ぶ声が聞こえ

事務所での研修に向けて、原付を走らせていました。
今日は天気も良くて交通量も少なく、至って快調です。

対向車線に白バイが見えました。
白バイに取って、制限速度が30kmに決まってるくせに平気で50km以上でる原付という乗り物は、正しく「カモ」というべき存在です。

「ヤバい、狙われる!」
そう感じた私は、それ以降バックミラーを注意深く確認しながら進んで行きました。
…ところが、白バイはいつまで経っても私の後ろに迫ってきません。
あれ? おかしいなぁ? しかし、それならいいやといつものペースに戻しての走行に切り替えました。

目の前に赤信号が見え、ゆっくりとスピードを落としていた時に、その音は聞こえました。

「ウ〜〜」

…やられました。私が油断するまで時間稼ぎをしてから、白バイは私をロックオンしたのです。
白バイは私の横にバイクを停め、
「前のバイクは自動二輪でしょ?」
と話しかけてきました。

「…俺?」
心の中では号泣だった私の、精一杯の強がりでした。
「そうです。」
白バイのツッコミは、全く愛の無いものでした。

私のスピードは55km。25kmオーバーで3点減点の12,000円の反則金。

「なんか年季の入ったバイクですねぇ」
白バイに乗ってるくらいだから、バイクには興味あるのでしょう。
去年ねずみ捕りにかかった時と同じ様に食いついてきます。
「Soloっていうカブをベースにしたバイクなんですよ」
「カッコイイですね」
「カッコ良くてスピードも出ちゃうからこうやって捕まるですよ…」
「ハハハ」
このトークは白バイにもウケました。

悔しいので、嫌味の一つもぶつけたくなりました。
「白バイにとって原付っていいカモなんじゃないですか? 見つけたらイレグイじゃないですか。」
「そんな事無いですよ。皆ゆっくり走ってますよ。」
「ウソですよ! 皆俺と同じくらい速く走ってるでしょ。」
「いや、私の前ではね。」
「それじゃ意味無いじゃないですか!」
「だって全部の違反を見るなんて無理ですもん。だから、出来る範囲で見つけたら注意していく訳です。」
「それを言ったら、捕まった人はツイてないってなっちゃうじゃないですか。」
「それはしょうがないですね…。我々は嫌われ者ですから。」
「いや、俺の後ろにいなければ物凄くカッコイイし尊敬してますよ。」
「人気があるのは小さい子供だけですよ…。」
「まぁまぁそんな事言わないで…。」

なんで俺は白バイ励ましてんだぁ〜〜!

無駄に砕けてしまったので愚痴る事にしました。
「いつになったら原付の制限速度が30kmじゃなくなるんでしょうねぇ…。」
「それはあなたが偉くなって変えて下さい。」
「またそういう雑な事を言ってぇ。現場がちゃんと声を出して変えて下さいよぉ。」
「現場の声なんて何の力も無いんですよ。」
「そこで諦めるからダメなんですって。」

なんで俺は白バイ勇気付けてんだぁ〜〜!

そういえばと思い立ち、質問をする事にしました。
原付のルールである二段階右折について、町田の「市民ホール前」交差点にある、二車線道路の右に車線の様なちょっと膨らんだだけの様な右折レーンで、通常の右折をしていいのかが分からなかったのです。
しかし、白バイさんはその交差点をよく知らないらしく(八王子ナンバーでした)、
「署の規制係に確認してみます。」
「確認して教えてくれるんですか?」
「今度会った時にでも…」
「やだよもう会いたくないよ!」

なんで俺白バイのボケにツッコんでんだぁ〜〜!

「じゃあ、お気をつけて!」
爽やかな挨拶で、青いキップと振込票を手にした私を、白バイは見送ってくれました。
駅に着いた時には、乗りたかった電車は発車済。
悔しいから昼飯喰ってやった。ザマミロ!(意味不明)

去年免停処分を受けたので、あと1点減点で60日免停です。非常に危険。
それにしても、大変悲しい時間でございました…。

悲しい事があっても、こうやってブログでネタに出来れば、いいかな。


って、そんな訳あるかぁ〜〜〜!!(号泣)
posted by キチソン at 12:48| Comment(2) | TrackBack(0) | キチスペ長文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
教訓:
金は天下の回り物

…ということでよろしいでしょうか?
(*^-^)b
Posted by とみしゅう@ケータイ at 2007年06月13日 18:13
>とみしゅう
せっかくだったら真望歌に使いたかったです12,000円。
Posted by キチソン at 2007年06月14日 13:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44699757

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。