2007年11月09日

にょうさん

先日見事に回収したストーンの成分解析結果を聞きに病院へ。

石の成分は
尿酸 55%
シュウ酸カルシウム 45%
だそうです。
んで、医者の言うには、諸悪の根源は「尿酸」だそうな。
(尿酸によってシュウ酸が結石化してるんだって)

「尿酸」
尿酸とはプリン体という物質であり、体内の細胞の老廃物です。尿酸という言葉は「尿に排泄される酸」という性質に由来しているそうで、通常は代謝の経過で腎臓から燃えカスとして尿と共に一定量排泄されるものです。尿酸の血液内における濃度、いわゆる尿酸の基準値は、おおよそ「 4.0〜7.0mg/dl位」が正常とされています。
尿酸値を下げたいホームページより)


尿検査の結果、私の尿酸値は8.1mg/dl。
これっていつ痛風になってもおかしくない数値なんですって奥さん!

しかしプリン体…。このビールを飲まないでお馴染みの俺が!?

よくよく聞いてみると、プリン体を多く含む食品と言うのがあるそうで。
医者にもらった「尿酸ガイドブック」を見ると

<プリン体の多い食品>
あんきも
牛レバー
牛肉(ヒレ)
豚肉(ロース)
魚介類全般
ビール

…って、普段喰わないもんばっかり。
魚介類は嫁が嫌いだから食卓に出てこないし、牛肉は貧乏だから喰えないし(医者に言ったら笑ってた)。
食うといえば豚だけど、そんないつもいつも食うわけじゃないしな。
それに、この前寝付けにビール飲んだんだけど、それって数ヶ月ぶりのビールだったもんなぁ。

さらに、プリン体が少ない食品として挙げられてるのが…
鶏肉ササミ
干ししいたけ
大豆
かまぼこ
白米
えのきだけ etc

ウチの食卓に並びがちな食品のオンパレードなんだよなぁ。
嫁さん鶏の皮が嫌いだから鶏はササミ中心だし、ウチの食卓のキノコ率って異常だと思うし、俺ご飯星人だし。

って事を医者に言ったら、「食事がそれでこの尿酸値だったら、完全に治療対象です」だって。
(´・ω・`)ショボーン

一応3ヶ月様子を見て、それでも高かったら生涯投薬治療ですって。
…生涯って重い言葉だなorz


という訳で、プリン体大杉のキチソンさん、先日新聞屋に1ケースもらった発泡酒の処理に困ってます。
取りに来てくれたらあげるので、お待ちしてますわ。
posted by キチソン at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | キチスペ長文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。