2006年11月05日

天皇杯4回戦観戦記

ハルンケアエントリー(笑)に追記しようと思ったんだけど、長くなってもったいなかったから新しいエントリーにしちゃいました。

ハルン(もういい)の最後に書いたとおり、マリノスにとっては天皇杯初戦となる4回戦愛媛FC戦を、原付でえっちらおっちら観てきました。

試合は延長の末1−0で勝ちました
DVC00001.JPG

が、あんまりにもヒドイ内容、というのがネット上の定説みたい。
確かに、どのパスも足元ばっかりで、走りこむ事もなければ周りのフォローもない、人一倍疲れで動きが止まる。で、苦し紛れのバックパス。
試合終了後はもちろん、試合中にもブーイングが炸裂するのは当然でしょう。

私も当然…ブーイングはしませんでした。あ、前半終了時点とバックパスにはしたけど。
後半が終わった時点では、ここからもう一回勝負が始まるイメージだったので声援。
延長前半終了時は、その直前にゴールが決まったので大騒ぎ。
試合終了後は、ピンチをことごとく潰してくれた河合竜二様と、J初出場なのに120分必死で守り、延長後半が最も輝いていたように見えた田中祐介君に労いをしたかったのでブーイング封印。
今日は、この二人だけでOKです。

但し、どうしても許せないのは山瀬幸宏。俺こいつのドリブル大好きだったんだけど、来季の契約してもらえるか否かの「最終テスト」に対して、あまりにもやる気が感じられない。
兄ちゃんが10番背負ってるからってチームにいられる保証なんて無いんだよ!
それを理解していないかのようなプレーが、悲しくて仕方ありませんでした。
残念ですが、来期はJFLあたりの主軸を担っていただきましょう。好きな選手なだけに、非常に残念なのでした。

あと、テメェ一番若いくせに汗かかねぇでチンタラやってんじゃねぇ! 関東リーグのFC町田ゼルビアあたりに送りつけるぞコンニャロー! 積極性の見えない狩野健太にもガッカリでした。
来期は山本ユース昇格小宮山など(もしかしたら伊藤翔も?)、いい新人がたっぷり入ってくることは忘れないでね。
posted by キチソン at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | キチスペ長文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

眠れぬ夜と「死んじゃえっ!」

キチスペ日記にも書きましたが、眠れず。
なんか、寝ようとベッドに横になるとどうしても放尿したくなるの。
ほんの2分前にトイレ行ったのよ。それなのに。
もう頭の中には伊集院の深夜ラジオのエンディングテーマが鳴り響いたね。

小沢昭一/父ちゃん音頭
♪勢いが悪いんだよ
 落ち目かな落ち目だね
 ああ前立腺肥大症♪


もしくはハルンケア
それとも自律神経失調症

ま、初めての経験なので実際にハルンケるかは様子を見てからにさせて下さい(懇願)と言う事で、ちょっと眠れないのでスカパー!をパチパチしつつ「エロいのでも見るかな」と思ってて、目に付いたのが「金融腐蝕列島 呪縛」でした。
公開された時から見たいとは思ってましたが、後半だけでも充分に引き込まれました。
その内スカパー!でまたやるだろうから、その時ちゃんと観ましょう。

その後は、以前嫁さんの実家で録ってもらったまま放置してしまっていた「12人の優しい日本人 2006版」を観賞。

…大傑作。
映画版を、それこそ穴が開くほど観たから、台詞回しなどで一部気になる点はありましたし、もっと高齢の役者さんを使って欲しい配役などもありました。
しかし、この作品が初見なら(いや再見でも)、そのストーリーやセリフの巧みさ、結論に至るスピード感に、いやがおうにも引き込まれ、「死んじゃえっ!」の謎が解けた時には拍手とともに軽く涙を流す事請け合いです。
(俺ちょっと泣いちゃった)

もう騙されたと思ってみてください。舞台版はDVDも出ています
という訳で、久しぶりの完徹を乗り越え、サッカー観に行ってきます。
マリノス勝って!!
posted by キチソン at 10:43| Comment(3) | TrackBack(0) | キチスペ長文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

どうしても訴えたい事

槇原敬之に「999」盗作騒動(スポニチ)
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2006/10/19/01.html

松本氏は「私のスローガンのような言葉。(中略)彼が知らないわけがなく、勝手に使うのは盗作」として抗議した。

>彼が知らないわけがなく
>彼が知らないわけがなく
>彼が知らないわけがなく
>彼が知らないわけがなく
>彼が知らないわけがなく

知らねぇよっ!wwww

俺槇原好きじゃないけど、松本零士の無駄な自信過剰ぶりが笑えてしょうがありません。
是非裁判で松本零士に惨敗していただきたいです。
posted by キチソン at 00:39| Comment(5) | TrackBack(1) | キチスペ長文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

所信表明演説

前職の最終出勤日から1週間が経ちました。
この間、引越しの手伝いやら関係各位にお招きいただいた送別会、初めての学校、ゲーム大会などなど、何やらかんやらで振り返る時間が持てていませんでした。
(遊びばっかりジャンとか言うな)


9年以上勤めた会社を辞めようと思った理由は、どうしてもこのままこの会社にいたいと思えなくなってしまったからです。
会社や、自分が取り組んでた事業に対する思い入れは強かったけど、心から苦手と思える仕事を通じて自信を失った中で、このまま居ても今のまま、偉くもならなければ落ちていくだけな気がして、もはやこの会社での自分はここまで、と感じたのです。
また、春から続いていた体調不安(肩こりから来るめまいや頭痛)が一向に改善しない事も、自分の自信を失わせていたのかもしれません。

とはいえ、会社を辞めても仕事をしないと生きる事は出来ません。嫁さんもいるしね。
さて、俺には何が出来るんだろうと悩んだわけです。
今私のしている仕事は、業界ではフロントランナーですから、同業他社に行けば、それなりの経験を生かした就職が出来るようにも感じました。
ただ、それは違うな、というのも同時に思いました。
同じような事をするなら、今の会社を辞める必要は一切ないわけで。

つまり俺は、サラリーマンに対しての限界を感じていたように思います。

はて、サラリーマン以外で、自分が自信を持って取り組めるもの、得意なものは一体なんだろう。
突き詰めて考えると、やはり自分にとっては「喋る事」が大きな特技かな、と思ったんです。

会社で半年に一度、お店の人を招いての商品説明会があります。ウチの部でも何回かその会場でプレゼンテーションをしたことがあり、担当が持ち回りでプレゼンをする中で、私もプレゼンをしましたが、私もビックリするくらいそのプレゼンを評価してくださる方が多くいらっしゃいました。
もちろん自分でも出来栄えには自信をもっていましたが、自分の自信以上に評価されるという経験は、それまでのヘコタレデイズにはなかった経験だった事もあり、なんとも貴重で面白い感覚でした。
素人の延長だから褒められているのだ、という認識はあったものの、現状の仕事では認識する事も出来なかった「成功への道」が、この先にぼんやり見えた事も自分にとっては大きなことでした。

では、「喋る事」で生活する為には具体的にどんな道があるのだろうと考えました。
今流行りだと「お笑い」とかあるんですが、これは全く考えませんでした。アレは才能の世界。面白い人をきっちり輝かせる能力はそこそこあると思っていますが、飯が喰えるほどではない。
技術で渡れて、自分の技量も発揮できる「喋る仕事」。

その時浮かんだのが「結婚式の司会」という仕事でした。
去年の私の結婚式。私の「いろんな人が喋る笑いの絶えない結婚式にしたい」というニーズに、演出的視点を併せ持ちながら、アドバイスとともに最高の司会で応えてくれたのが、我々の指揮を担当していただいた林さんというベテランの司会者でした。
正直「ああなりたい」という自分を会社で見つけられなかったのですが、林さんについては「ああなりたい」と素直に思えました。

「飯を食う」という意味で、本当に安定しているかは未知数ですが、演劇経験の中でも「演出」という仕事に最も強い想いを抱いていただけに、演出経験も生かせるこの仕事は非常に魅力的でした。
「結婚式の司会者になりたい」この想いをどうしても叶えたく、そして中途半端な状態で挑戦したくなく、そして体調を何とかして万全の状態に戻したく、今回の退職に至った次第です。

子供がいないから、今しかチャンスがないと思ってたら、退職が決まった直後に嫁の妊娠が発覚し、俺が辞めるのを待っててくれたのかなぁと思ったりしている今日この頃です。


今日は学校(結婚式司会者養成コース)2回目の授業です。
正直私以外の15名が全員女性という気が滅入る環境ではありますが(そしてその全員が会話がない状況)、全過程終了後のオーディションの全てに合格してやろうという本気モードで、この半年間を充実させて過ごしたいと、今は熱い熱い気持ちで一杯です。
そして、会社にいたままでは絶対に叶わなかったであろう、「喋る仕事で年収1,000万円」という目標を達成するべく、人生を賭けて頑張ろうと思っています。

という訳で、なんかの際には使ってやって下さいませ。よろしく。
posted by キチソン at 14:35| Comment(11) | TrackBack(0) | キチスペ長文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

免停講習実況中継E

060920_154550_Ed_M.jpgという訳で終了し、無事29日短縮となりました。
全員テスト終わってから10分近く悪戦苦闘を続けてたジイさんも29日短縮となり、機能不全だなぁと思いました。

今日はこれから髪を切ってサッカーを観てから帰ります。

それでは皆様、ごきげんよう。さようなら!←最後の最後に実況な事を思い出した
posted by キチソン at 15:49| Comment(1) | TrackBack(0) | キチスペ長文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

免停講習実況中継D

060920_145404_M.jpgシミュレータ終了。
Bランクでした。
交差点でバイク轢いちゃったからなぁ。

いよいよテスト!
posted by キチソン at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | キチスペ長文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

免停講習実況中継C

DVC00145_M.jpg昼休みです。
嫁ちゃん弁当ありがとう。

早くも電池が切れそうです(メモリ一つ)。
まさに企画倒れの予感。

最後に向けて電池の温存に入ります。
posted by キチソン at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | キチスペ長文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

免停講習実況中継B

DVC00146_Ed_M.jpg今日のマリノス予想スタメン!
このメンバーなら、1トップにも2トップにも有機的に対応可能です。
絶対勝つ!

…決して講習中に落書きして暇潰ししてた訳じゃありません。
posted by キチソン at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | キチスペ長文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

免停講習実況中継A

DVC00144_M.jpg一時限目が終了しました。
受講案内と適性検査。
昔ならもっと運転に熱い想いをぶつける方向で回答してた気がしますが、もう32歳の俺ちゃんは、もう少しスマートなイメージで回答するのです。

・待たされると、誰でもイライラするものである…いいえ
・いつでも上手に追い越しが出来る…いいえ

相当に謙遜しております。大人。

まだまだ講習は始まったばかりです。
posted by キチソン at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | キチスペ長文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

免停講習実況中継@

DVC00143_M.jpg本日は、違反点数が8点となりましたキチソンさんの30日免停講習実況中継を、岸根公園の交通安全センターからお届けします。

ヘコむっちゅうねん。

この講習の最大の難関はタバコ。
教室は4階なのに喫煙所は1階、なおかつエレベーターなどはありません。
アンチバリアフリー。所詮我々は犯罪者。警察の認識が問われます。
まぁ、これで数kg痩せてくれればいいのですが。

間もなく授業開始です。
posted by キチソン at 09:02| Comment(0) | TrackBack(1) | キチスペ長文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。